1. ベストグループ中国・四国地区会員ホームページ > 
  2. 名勝地紹介ページ > 
  3. 香川県高松市 栗林公園

香川県高松市 栗林公園

香川県高松市の紫雲山東麓にある国指定特別名勝の庭園です。約75万平方mの広大な園内は、池泉回遊式大名庭園の南庭と近代的に改修された北庭に分かれている。

南庭は讃岐領主・生駒家が築庭に着手。以降、初代高松藩主の松平頼重(よりしげ)に引き継がれ、松平家5代、100年余の歳月を費やして完成されました。
紫雲山を背景に6つの池と13の築山で構成されており、松をはじめとする各種樹木や石組みを巧みに配して、四季折々に風情ある表情を見せています。

栗林公園の最大の見所は、6つの池と13の築山の巧妙な配置です。お庭の広さは特別名勝に指定されている庭園の中でも最大とされています。ミシュランの観光版(日本版)で、三つ星にも選ばれました!

梅の名所としても知られており、開花の時期は1月中旬から3月中旬にかけて、例年2月が見ごろです。

一覧に戻る <<